読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Y高まとめやつ

ご自由にお使い下さい

受験 感想 反省

 少し遅いけど、前期試験について書く。

朝、僕は割と近場の大学だったので新幹線で試験会場へ。下見は済ませていたので、いくら方向音痴の僕といえども迷うことはなかった。

会場に着くと、門の前にはいつものように不動産やらの勧誘が。当然いつものように爽やかスマイルで通り抜ける。その中に予備校のチューターもいたのでその人だけには一応挨拶した。

試験時間まで2時間弱あったため、人もまばらだった。しばらく試験室に入れないようだったので気休めに英単語を覚えていた。

時間の経過とともに受験生が増え、何社か取材に来ている人もいた。僕はなんとかテレビに映るまいと、できるだけ隅で息を潜め、単語を覚えた。

その後、試験室が開き、受験票を確認してもらって入るため、列に並んでいると予備校の同じクラスの多浪のお姉さんがいた。
僕のクラスには2人多浪の女の人がいて(僕が知る限り)、1人は僕が可愛いといつも連呼しているのだが、その時いたのはそっちじゃない方だった。目があったので軽く挨拶した。あっちも笑顔で返してくれたので、別に全然好きでもなんでもないんだけど少しだけ嬉しかった。いや本当に好きじゃないんだけど。

なんどかんだで試験室に入るとすぐ英語の試験が始まった。僕的には普段通りに過ごし、そして、ここまできたつもりだったけれど、やっぱり緊張しないなんてことは無理なわけで。
手がめちゃくちゃ震えていた。周りの人がガリガリ書いている音を聞いて、さらに焦る。頭で書こうと考えてるスピードに手が追いついていかず、間違えては消す、を繰り返した。
そんな感じでは緊張はマックスだったが、問題自体は大問が減って少し形式が変わったくらいで難易度は変わらずだったのでなんとかいけた。あとは、英作文を考えてたらどうしてもトイレに行きたくなって、結局行ったこと以外に特筆すべきこともない。

数学。これに関しては述べたくない。というか述べられない。解けなさすぎて、正直ホテルで泣いた。

一日目を終えてホテルに向かう。すべての気力を失い、しばらく鬱になっていたがこのままではアカンと古文単語だけおさえてアメトーーーーーク!を見て寝た。

2日目。数学を頭から振りはらいなんとか国語と日本史で取り返そうと試験場に向かう。

国語に関して言えば、古文で一問見たことある話が出たのでよかったが、正直あまり難しくないので差はつかないと思う。

日本史については、昨年始まったばかりなので傾向らしい傾向もなく突然大論述とか出たらどうしようと不安だったが、杞憂に終わったのでよしとする。

これにて試験終了。

今年一年間ここを目指して頑張ってきたけれど、最初はただの理想でまず挑戦できるとさえ思ってなかった。漠然と、センターで微妙に足りない点数取って中の下くらいの大学に落ち着くんだろうなぁみたいな感覚があった。
それでも、模試を重ねてだんだん現実味を帯びてセンターでもちゃんととれて実際ここに挑戦できて本当によかったと思う。周りの人で自分の思い通りのところを受けられなかった人も多くいる中で僕は仮にここに行けなかったとしても恵まれていると思う。先生の受け売りだけど。

最後に、みんな一年間ありがとうございました。次は大学生としてみんなで会えたらと思います。

なんかこれで終わりみたいな感じで書いてるけど、後期も普通にあるんでそれまでもう少し頑張ろうと思います。





P.S.そういえば、アイドルマスターシンデレラガールズを見ました!!!
いや、あれやばくないですか!?
やばいでしょ(語彙不足)
見てない人は見ような!!!!